2010年10月18日

相続についてなのです

(あ)むしは住宅業界で働いているので、
一般の方々と比べると不動産の知識は豊富なのです。

だから時々、友達とかから相談を受けることがあるですよー。

先日も、女友達とマイホームの話になったのです。

女友達は結婚後ほどなくして
土地から購入して一戸建てを建てて、
ご主人名義で住宅ローンを組んで払い続けているです。

友達夫婦は子供はいないです。

借入当初、女友達は仕事の勤続年数が少なかったので、
彼女は収入合算できず、ご主人名義だけで借入をせざるえませんでした。
そして家も土地もご主人の単独名義なのです。

でも共働き夫婦なので、実際は二人の収入で払い続けているようなものです。

で、彼女が一言。
「もしダンナが先に死んでも、
 住宅ローンを組んだ時に入った団体信用保険で借金は無くなるから
 私は住む家に困らず安心なのー♪
 万が一の時を考えると絶対に賃貸より持ち家がいいよねー。」

そこで(あ)むしは、思わず「そうだねー」と言いそうになったです。

ち、違うのです。
友達は勘違いしてるです。

確かに借金は無くなるけれど、
友達は住む場所に困るかもしれないです。

こりはもしかして、友達は相続に詳しくないのでは?('△`;)
いや、ホント、普通の人はあまり知らないことなのですが、
子供なし夫婦は、
奥さんに土地+家が相続されるとは限らないのです。

しょうがないので友達に相続の話をしたのですよ。

あ「子供なし夫婦の場合は、
  万が一、ご主人が先に亡くなったら
  奥さんは家を出て行かなくちゃいけなくなるんだよ。」

すると、友達の反応はというと。

友「ぇ・・・
  奥さんが全部相続できるんじゃないの?」
あ「うん、全部じゃないんだよ・・・」
友「それは一体なんでーーー!!」


えっとですね、
ご主人がお亡くなりになる前にご主人の親がお亡くなりになっている場合、
法定相続人は奥さんと、ご主人の兄弟姉妹の全員になるのです。

相続の権利は、奥さんが4分の3、兄弟姉妹あわせて4分の1です。

もちろん奥さんとご主人が逆のケースも同じで、
奥さんの財産は奥さんの兄弟姉妹にも相続の権利があるのです。

兄弟姉妹が権利を主張して譲ってくれない場合、
奥さんは4分の1の現金を渡すなどしなければならないです。
ご主人が現金を残していても、その現金についても兄弟姉妹に権利がありますので、
遺産分割協議の決着がつくまで現金は凍結されて手がつけられないです。

したがって、奥さんが自力で現金を用意できなければ、
奥さんは住み慣れた自宅を手放さないといけなくなるのです。

共働き夫婦だったとか、そーゆーことは全く考慮されないです。

たとえ売却することになっても、
売却金額や売買契約の内容についても全員の意見が一致しないと、
醜い相続争いに発展するなんてことは
不動産業界では頻繁に耳にすることで、
珍しいことでも何でもないのです。

今、私の会社で取り扱っている土地も兄弟がそれぞれ弁護士をたてて
争っているです。
で、弁護士同士もそう簡単に解決させないのが業界の常識なのです。

もし長期戦になった場合、
奥さん名義の現金がないと当面の生活が大変なことになってしまうです。

この話を聞いて、友達は目が点だったですよ。
相当、ショックだったみたいです。

そりゃそうですよ。
夫婦が汗水流して働いて住宅ローンを払い続けているマイホームが
自分に相続権が無いどころか
追い出されるかもしれないなんて、ありえないもいいところなのです。

あまりの理不尽さに怒りをあらわにする友達。

むぎー。
むぎー。

えとー。
ご主人がちゃんと遺言を書けば回避できる問題なんだけどね。


(あ)むしが生まれてはじめて不動産の権利とか贈与に関わったのは高校生の時だったです。
ハタチの(あ)むしにとっては、ほんの数年前の出来事なのですよー(▽`*)
あの時、いろいろ調べなくちゃいけない状況に陥って
いくらまでなら税金がかからないとか、いろいろ調べたのですよ。

そして世の中は知らないと損することが沢山あるのだと悟り、
それでもっと世の中のことがわかる仕事がしたいと思って、
不動産業界に飛び込んだのでした。

ところで住宅と言えば、住宅版エコポイントがあるのです。
太陽光発電とか高性能な設備を取り付けるとエコポイントがもらえるのなら、
もう10年以上エアコンを使わずに生活をしている私にだって
エコポイントをくれたっていいじゃないかと思うのですが。
私のほうがずっとエコですよー。
posted by (あ)むし at 23:07| Comment(3) | 住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。