2010年08月01日

スマートDio 碧南釣り広場までツーリングなのです♪

海を見に行くですよ〜ヽ(´▽`)ノ

去年の年明け早々、まだ私がエンジニアの仕事をしていた頃、
リストラの通達をうけて凹みまくっていた私を
バイク友達が私にバイクで遠出することを勧めてくれたのです。

それまで(あ)むしはバイクで遠出したことがなくて、
ましてや原付でツーリングという発想が無かったので
この提案がとても新鮮だったのです。

初めてのツーリング、近場でオススメの場所はどこか聞いてみると・・・。

へ、碧南の海?

実は私、碧南という地名は知ってても、
どこにあるのか知らなかったのです。

矢作川の堤防沿いを延々と南下すれば、
碧南の海に出られるという話を聞き、
それなら私でも行けるかも・・。

そんなわけで、私の初ツーリングが決定したのです。
私のスマートDioと、友達の中型2ストのツーリング・・

もちろんスマートDioはリミッターカットしていないので、
今思えば、オイル飛びという意味で、
友達のバイクに優しくないツーリングだったのです。

今、その友達は「二度とやりたくない!」と
相手にしてくれないですよ('▽`;)

でもそれ以来、(あ)むしはツーリングにハマッてしまい、
片道2時間ぐらいの場所なら、
どこでもスマートDioで行くようになったです。

特に名古屋市内を走るのなら、
車よりもバイクのほうが渋滞知らずで快適。
この味を覚えてしまうと、やめられないです。

さらに見知らぬ土地に行ってみたいという欲求は強まり・・・
そんなロマンチックな言葉とは裏腹に、
回数を重ねるにつれ、
下道で片道3時間という殺伐系ツーリングに進化していったのです。

でも、ここ数回のツーリングは、まったり系、ちょっと走りツーリングが
逆に新鮮な(あ)むし。

しかも会社が終わってから、道がすいてる夜中に出かけたりするのです。

行き先は・・・
そう。
初ツーの地、碧南の海なのです。

夜ツーなので、DT50という選択肢にならないです。
だって、まだヘッドライトが暗いままだもん・・・

仕事が終わって、一旦帰宅し、
晩ご飯を食べて、疲れ目のまま夜8時頃に家を出発。
家から目的地までの道のりを
市街地で行こうとすると1時間半ぐらいかかるのですが、
矢作川の堤防を南下すれば信号停止がほとんどなくて
1時間もかからないのです。

このコースなら20台ぐらいの大人数でツーリングしても
最後尾を簡単にチェックできるですよ。

河だ〜河だ〜矢作川ですよ〜♪
堤防沿いはこんなに静寂・・・
ここを6V仕様のDTで走ったら堤防から転げ落ちるですよ。
DSC00903.JPG


矢作川堤防は東側と西側の道があるのですが、
途中、道が途切れていたりする関係で、
橋を渡って反対側の堤防を走らないといけなくなったりするのです。

そして東西どちらも「通行ご遠慮ください」の看板がありまして
オフバイクしか通れないような道もあったりして。
DSC00904.JPG

DSC00905.JPG

そんなわけで、ひたすら一本道を走るというわけにいかないのですが、
と、とりあえず難しいことは考えず、
矢作川の景色を楽しみながら南下すれば
多分なんとかなるんじゃないかなぁ・・・という
実に地図いらずなツーリングを味わえるのです。

夜中の堤防ツーリングは人の気配もまったく無し。
たまに来る対向車を見るだけでドキドキするですよ。

道も細く、センターラインも無い。
ボーッと走ってたら堤防から落ちちゃうかも。

そんな道を延々と走るので、
事故らないで下さいね〜

実はこの堤防を南下するコース、
最初に東側を走るか、西側を走るか、どちらを選択するかで
後に大きな分かれ道となるのですが、
それはナイショにするです。

どんな目に会うか、身をもって体験するといいですよ('▽`;)

ふっふっふ。
お主もワルよのぉ〜。



ひたすら堤防を南下し、河口から二本目の橋「棚尾橋」で
堤防を西へ離脱し、一つ目の信号の交差点を南下するです。
ここからは普通の道路を楽しむのでした。

今度はアレを目標にして走るです。
DSC00913.JPG

中部電力の碧南火力発電所で、
最終目的地は、あの建物のすぐ北側なのです。
ホント、地図いらずなツーリングで、
ますますワクワクしてくるのです♪

そろそろ目的地が目前にせまってきた頃に、
自動販売機があるT字路にさしかかったのです。
DSC00914.JPG

実は最終目的地付近に自動販売機など売店の類は一切ないのでした。

だからこの自動販売機が飲み物調達のラストチャンスというわけです。
チャリーン。
ジュースをお買い上げなのです。

そこから工業専用地域の「本当にここでいいのですか?」的な道を
少し走ると、ようやく目的地に到着なのです〜。
図1.jpg

ここは通称「碧南釣り広場」と呼ばれているです。
正式名称が何なのか、よくわからないです。
なぜなら、地図にその名前すら載っていないからです。

でも公に認められた釣り場であることは間違いなく、
年中、昼夜問わず、多くの釣り人が集まる場所なのです。

この日の晩も数メートルおきに釣り人が沢山いたですよー。

ここは釣りスポットに近付くと、魚の生臭さが一面に漂い始め・・
(あ)むしは釣り人と違う目的でここに来てるので、
釣りスポットとほんの少し離れた階段に腰かけて
海を眺めながらボーッとするのが好きなのです。
DSC00917.JPG

行きつけの海はほかにもあるのですが、
なぜかここが一番落ち着くのです。
家から一時間かかるけれど、
十分にその価値はあるのです。
DSC00918.JPG

ここは火力発電所があるので、
そこから出てくる温水を目当てに魚たちが集まってくるのです。
だから釣りの好ポイントなのですよー。

そんなわけで年がら年中、釣り人で混雑する堤防なのです。
ここなら釣り初心者の私でもエサ無しで釣れるのではと思うほど。

しかし、あまり釣りたくない魚しかいないシーズンもあったりして。。

真冬に海がボラの大群で埋め尽くされているのを見たことがあって、
文字通り、海がボラで埋め尽くされているのです。
さすがに見ていて気持ち悪くなったですよ('△`;)

帰りはさすがに眠くて、
睡魔地獄の中、耐えに耐えに耐えて帰ってきましたとさ。

おしまい。
posted by (あ)むし at 00:37| Comment(0) | スマートDio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。