2016年12月25日

柚子の果汁を沢山搾る方法(外皮を剥いてから搾る)

ダンナが実家の庭木から沢山の柚子を収穫してきたので
柚子ゼリーを作りたいのですが、
前回、はじめて作った時、柚子から搾り取れる果汁の少なさにビックリしたことを思い出しました。
その時は半分に切った柚子をスクイーザーでレモンを搾るのと同じ要領でやりました。

そこで、今年は少しでも多く無駄なく搾り取れる方法は無いかと考えてみたのでした。
スプーンなどで実を徹底的にほじくるなり、
実を一つずつ薄皮を取るなりすれば出来るのでしょうが、
それってかなり面倒くさい。

やってみたのは、あらかじめ皮を包丁で剥いてから
スクイーザーにグリグリするという方法。
柚子って皮が固いからスクイーザーだと搾れない実が沢山できてしまうから、
その皮を剥いてしまえばいいのではないかと。

というわけで、ひたすらひたすら皮を剥く。

CIMG0987.JPG

スクイーザーにかけるために柚子を半分にカット。

CIMG0988.JPG

さっそくスクイーザーにグリグリしてみると、
前回の何倍もの果汁がジュワーっと出てきたですよ!
こりゃ、楽ちん、楽ちん。

最終的に12個の柚子から200CCの果汁が搾り取れました。

CIMG0989.JPG

前回は50CCも取れなかったから凄い効果です。
本当は皮からも汁を取ったほうが、香り的により良いらしいのですが、
まぁ、その点は妥協するということで。

この果汁を使って早速、柚子ゼリーを作りました。
今、冷蔵庫で冷やし固めているところ。
明日の朝食に出します。
ああ楽しみ〜!!

posted by (あ)むし at 22:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

自律神経を鍛えるために薄着で過ごすよう努力中

今年も花粉症の症状がでました。
さらに風邪もひいて鼻水が出たり詰まったりの繰り返しです。
特にひどいのが、交感神経と副交感神経の切り替わり時(起きてすぐ、風呂上り等)です。

ネットで調べたら、やはり花粉症と自律神経は関係しているとのことで、
乱れている人の特徴は、
体温調整がうまくいかない、
あまり汗をかかない、
免疫力が低下している等、
当てはまることばかり。

子供が出来てから運動していないから余計に。

とりあえず子育てしながらでも出来る自律神経を鍛える生活とやらを調べると、
一つやっていなかったのが、毎日薄着で過ごすこと。
これ、全然できてない。

市や産婦人科などから、赤ちゃんの体温調整は、
エアコンで行うようにと指導を受けていたので
親の私まで夏も冬も一日中エアコン漬けです。

でももう、うちのチビはそろそろ赤ちゃんを卒業するので、
私もできるだけ薄着で過ごして自律神経を鍛えていこうと頑張ったら
自然の温度変化についていけなくなっていた体はあっという間に風邪をひきました。

うちの近所に公園がないので、
変わりに保育園の園庭を使わせてもらっている関係で保育園児と触れ合う機会があるのですが、
そこの園児達がびっくりするほど薄着なこと!!!
3月下旬ですでに半袖でした。

よく相談相手になってもらっている子育て支援センターの人に聞いてみても、
自律神経を鍛えるにはそれが良いとのこと。

じゃあ、頑張らないといけないですね。
と、ティッシュで鼻をかみながら書いている(あ)むしでした。
posted by (あ)むし at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

無題

このブログをあなたが読んでいる頃には、
私はもうこの世には・・・ってのは嘘。
生きてるよーん。

気が付いたら全然ブログ更新していないので、
少しは更新しなくては。。。と思って書いてみた(爆)
posted by (あ)むし at 02:12| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。