2014年09月11日

トコ練 チビ初デビュー

開催しました、9月6日のトコ練。

今回はチビを初めてジムカーナ会場に連れて行ったのでした。
家では扉の開け閉めなど生活音に敏感に反応するので
ジムカーナ会場のバイクの音でギャーギャー泣くんじゃないかと心配だったのですが、
うちのチビは2ストの甲高い音もビッグバイクの重低音も平気なようです。
シグナルスタートのスピーカーの目の前に連れて行った時は
あまりの煩さにしかめっ面したけれど、
それでも泣きませんでした。
胎教の効果が表れたのです(爆)

さて、今回のコースはこんな感じ。
20140906.gif

テーマは、「セッティングの為のコース」なのです。
速い人達からすれば「どこが? 全然。」と言われてしまいそうですが(汗)

先日のダンロップ杯の、
似たような実力の人達の動画を比較してみて気づいた点が一つ。
スラが速い人をA、回転が速い人をBとします。
Bの人って、Aの人よりもスラのターンが遅い傾向があるのですね。
そしてAの人はBよりも回転が遅い。

スラ寄りにセッティングを合わせると回転のタイムが落ちて
回転に合わせるとスラが遅くなるということなんでしょうか。

では、速い人達はどっちに合わせている人が多いの?

正直、わからないです。

でも、どこかの速い人が「スラに合わせろ」と言っていたらしいので、
スラに合わせてるのかなぁ??

練習会のコースは会場の使えるスペースの都合もあって
ついつい終始コテコテなコースになりがちです。
でも大会のコースが終始コテコテなんてことは無いので、
練習会のコテコテに合わせてセッティングすると
練習会では良いタイムが出るのに
大会ではパッとしないってことになるのは
私でも想像できます。

だから今回のコースはスラの要素を重要視し、
基本的な要素をなるべく偏らないように盛り込んだのでした。

ちなみに私はスラに合わせてるです。
スラでバンクしやすく、アクセル開けた時に変な挙動が出ないようにしているので
それはもう産後の復帰はスラから始めたいと思うほど
スラ大好き人間なのですが、
そのせいかフロントサスが沈まなくて回転は大きくハラみます。アハハ

ハラみすぎちゃって目の前の縁石が、
まるでオイデオイデするかのように見える・・・(泣)
posted by (あ)むし at 20:16| Comment(4) | バイク練習会の運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の知る限りではチャンプを含めて上位シードは全員セッティングは回転に合わせてます。スラに合わせているという話を聞いたことがないほどです。
そしてスラロームは人間が頑張る。

回転はタイム差が非常に大きい上、回転中に人間が頑張れる事が限られているからだと思います。
セオリーとしては回転最速のセッティングの微調整範囲でスラロームを頑張るのがいいんじゃないかと思います。
Posted by じゃぽにか at 2014年09月11日 22:16
え〜〜っ! そうなんですか。
回転寄りなんですか。
私、逆のことをやってました。
スラに合わせて回転は人間が頑張るって方向で。

そういえば私が回転でスランプにはまり始めたのは、スラロームに合わせはじめた頃と同じ時期な気がする・・・。

でも本当に速い人達は、スラに合わせても速いんでしょうね。
Posted by (あ)むし at 2014年09月11日 22:49
ご無沙汰しております。
チビさんデビューされたんですね、おめでとうございます。
お会い出来るよういろいろ頑張ります。
Posted by なかいっち at 2014年09月18日 20:39
なかいっちさん、こんばんは。
私が練習会から足が遠のいているのでご無沙汰ですね。
頑張らなくてもそのうち会えますよ。
Posted by (あ)むし at 2014年09月21日 18:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: