2011年10月15日

私が乗った2ストバイクは全て調子が悪くなる

先日のJAPANの時のこと。

1ヒート目の自分の動画を見て思ったのが、
あぁ、やっぱり遅い。。。Σ(´△`)ガーン
本人は一杯一杯なんですけどね。

で、この日のコースはオーバーランしても大丈夫な所が盛り沢山だったのと、
小回りできなくても通過できたので、
2ヒート目は加速重視で走ることに決めたのです。

ウォームアップコースの中に長い直線があったので、
気持ちだけはアクセルも折れんばかりに1速でスロットル全開!!

そしたらガツン!っと体が後ろに引っ張られるような衝撃がきたです。
もしかして、これがパワーバンドに入ったってやつですか?
何度やってもそうなるので、おそらくそんな気が。





しかし・・・

・・・さすがはマイNSR?????

パワーバンドにしては違和感を感じるような、思ってたほどじゃないような('△`;)



おかしいなぁ、そんなハズないのです。
NSRはパワーバンドに入ったらドッカンとくるはずなのですが。
まだまだ開きが足らないのでしょうか?

そんな感じで走った2ヒート目の動画。



1ヒート目よりはスピードを出してるので、
一応、タイムは縮んだのですが、
やっぱりそんなにスピードが出てないですよね。



帰りの車の中、ダンナといろいろ話をしてるうちに、
私が乗るからバイクの調子が悪くなってるという結論に達したのです。



・・・そんな結論って(汗)




困るじゃん!!(滝汗)




しかし根拠があるのです。

・自宅の2ストバイク(KSR2とDT50)は、私が乗った後に調子悪くなる。
  (加速が悪くなる。DTのエンジン停止トラブルも私が乗ってる時に発生する。)

・上記のバイクをダンナが乗った後は調子が良くなるが、
 私が乗ると、再び加速が悪くなる。

・スタートの時も、低い回転数で繋いで、もたもた開けている。

・アクセルの開け方が全開というより半開。


これらを簡単にまとめると、
私の乗り方では2ストを運転すると、どんどんガスが濃くなってかぶるようです。

発車時のクラッチの繋ぎ方一つをとっても間違っていたようで、
2ストってかぶりやすいから、発進時も全開とまでいかなくても、
半開ぐらいの回転数で一気に半クラしてクラッチつながないといけなかったのですね。
知らなかったー。(´△`||i)

だから4ストの方達がやるような、
スタート直前に半クラで繋いでおいて
リアブレーキで車体が前に進まないように押さえこんでおくやり方は
2ストではやっちゃいけなかったのですね。

・・・ずっとやってたです。

この方法をDT50で信号待ちしてる時に試したことがあったのですが、、、
信号が青に変わると同時にリアブレーキを離し! ・・・たらキャブがガボガボ言ってエンスト・・・orz

今思えば失敗して当たり前。
それどころか大会でエンストしなくてヨカッタねと言いたいぐらい。
JAPANの時も同じことやって出だしがもたついたので、
おかしいなぁと思ってたのです。

そんなわけで次回の練習は発進の練習からなのです。

これで多少は引っ張れるようになったとしても、
それに見合うブレーキングが出来ないので先行き厳しいのですけどね。

んで、トコ練の時のこと。
マーシャルの時に高速の直線から小回りなターンをする付近に私は立ち、
上級者はどんな風にブレーキかけてるのかなぁ・・・と観察してたのですよ。

そしたらその・・・

某A級ライダーは進入時にブレーキランプが光ってませんでした。

ターンの折り返し地点でようやくブレーキランプがついてたですが、
何度走っても進入時にランプはついてなかったので、
ほぼバンクだけで曲がってるということかと。

あぁそうか、スピードを殺さずにバンクで回るのが最も理想的な走りなんだな、と思ったです。
私もブレーキのかけ方がわからないのなら、
いっそバンクで曲がるように練習しようかなぁ。

なぁんて言うのは簡単だけど、
私の場合、やみくもにやると曲がる場所が縁石の向こうの草の上だろうから
まずはどこか広いところで練習しないとね。

というわけで、次、頑張りましょう!
大丈夫、ジムカーナ大会は逃げないです。
それどころか、どれだけ仕事で忙しかろうと練習不足だろうと、
それでも大会の申込締切日はやってくる!

11月のダンロップ杯、申込始まってるですよーヽ(´ー`)ノ♪
posted by (あ)むし at 23:58| Comment(2) | ジムカーナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういうことは、バイク以外にも良くあります。(涙)

Posted by お名前 at 2015年08月05日 04:56
のんびり
Posted by at 2016年07月18日 12:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: