2013年06月22日

鮎飯作ったです♪

今日、ダンナが早く帰ってくることはわかってた。
そしてスーパーの魚売り場には色ツヤツヤの鮎が。

これはもう、鮎飯を作れという神のお告げなのです。

午前中にカツオだしを作って冷ましておき、
食べる時刻から逆算してお米の浸水開始。
お味噌汁とかもご飯の炊きあがりと同時にできあがるように準備万端にしておく!

鮎飯は炊飯器の中で蒸らしすぎると臭くなるから
たきあがるタイミングが大事。

炊き込みごはんの地と、軽く塩焼きした鮎をまるごと入れて炊いた鮎飯の出来上がり♪

DSC01931.JPG

身をほぐしてお茶碗に盛りつけたです。

DSC01933.JPG

ダンナはダイエット中ですがお茶碗3杯食べたです。
今日だけリミッター解除(爆)







posted by (あ)むし at 19:22| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

NSRが制御できない! JAGE杯 第1戦

行ってまいりましたJAGE杯 第1戦。

すっかり夏日和でしたね〜。
走行開始の時点で路面温度40度でした。

この日のコースはどちらかと言うと
普段練習している感じに近いかな。
アクセルを全開できる所、普通の所、コテコテとメリハリがあるというか。

とりあえずアイドリング回転数はいつもどおり高めで走行。

前回のブログで課題に挙げたバンクの件を練習してみたくて
ウォームアップのスラロームで早速やってみたです。

結果・・・



効果テキメンでした。Σ( ̄□ ̄ ビックリ

特に、コメント欄にある
「立ち上がりでアクセルで孕んでいく車体をバンクで抑える」ってやつが。
旋回速度が上がるのを実感できたですよ。
前よりハラまなくなったので速度を上げて突っ込んでいけるようになったです。

スラロームが楽しくって楽しくって夢中になり、
このままスラだけやっていたかったほど。

しかしこのスラ全開走行が後で裏目に出るとは思いもよらなかったです。

1ヒート目の出走前8の字の番がやってきました。

なんか、大きく膨らんでちゃんと8の字が出来ない。。。
今日はちょっと変だぞ?

JAGE杯の出走前8の字は狭いからコンパクトにまとめないといけないのに
隣が気になるぐらい膨らむ。。。

フルロックも全然できない。
回転もやばいくらい大回り。
リアブレーキ踏んでも抑えが効きません。
グイグイとバイクが進んでしまいます。

出走の順番が近づくにつれ、調子を取り戻すどころか
どんどん悪くなっていく。

でも残り時間が無い。
ついにスタート時間がきてしまいました。 ;´∀`)

スタート直後は好きなオフスラ。
のびのびアクセルワークをするぞ!!

・・・なのに、なぜかアクセルに対して
少ししかエンジンが付いてこない??

それはまるで、ガス欠寸前の時と同じような感じ。(滝汗

燃料コックOFF?
いや、そんなはずない。

まっ、まさかまさか今日は完走もヤバイ!?!?!?(ナイアガラ滝

そんな調子で暫く走り、
このままでは終わらんのじゃーーーー!!
vlcsnap-2013-06-10-12h28m36s102.png

と、開けどころで全開にした私を待っていたのは・・・

今度はバイクがハラみまくるじゃないですか! ヽ(`Д´)ノ

進入の時も、

と、止まらない!!

狭いライン通過では・・・

vlcsnap-2013-06-10-12h29m42s49.png
vlcsnap-2013-06-10-12h29m49s123.png
vlcsnap-2013-06-10-12h29m58s221.png
vlcsnap-2013-06-10-12h30m07s33.png
vlcsnap-2013-06-10-12h30m15s123.png
vlcsnap-2013-06-10-12h30m23s210.png

ラインの幅で曲がり切れず、芝生へ突っ込んでしまったです。

その後もハラみすぎてまともに走れず、
回転の時は・・・


vlcsnap-2013-06-10-12h32m18s42.png
vlcsnap-2013-06-10-12h32m25s150.png
vlcsnap-2013-06-10-12h32m49s122.png

コースの両端の芝生が、
まるでオイデ、オイデするかのように見える・・・。

何が何だかわからず走った1ヒート目は
ライン踏みセクションの失敗で6ペナもついてしまったです。

ヤバイ、ヤバイですよ!!

何でこうなっちゃったのか、必死になって色々考えてみる・・・

ウォームアップのスラロームは全開走行し続けた。

 ↓

夏日 × スラロームでエンジン温度上げた
 = 高い回転数が更に高くなった。

 ↓

回転数高すぎて出走前8の字で大きく膨らんだ。

 ↓

狭い出走前8の字でアクセル開けられなくて
プラグがカブり始めた。

 ↓

スタート前の待機で一度も空ぶかししなかったので
完全にプラグがカブった。

 ↓

コース中の開けどころでプラグのカーボンが飛んで、
再び高すぎる回転数に戻った。

・・・そんなところでしょうか。

状況をダンナやNSRの速い人に話したら、
同じような見解。

どうやら夏の大会は
ウォームアップ中に回転数が高くなりすぎないように
ほどほどで抑えないといけないというのがセオリーのようです。(/ω\)ナンテコッタイ

夏の大会は初めてじゃないけれど、
最後に出た夏の大会は2年前で、
その頃は今ほど速度を出せれなかったのですよ。
しかしあれから2年たち、少しは速度を出せるようになり・・・
むー
こんな落とし穴があると思わなかった。

そんなわけで2ヒート目はどうするか。

まずはアイドリング回転数をかな〜り下げておく。
4000ぐらいから、ほぼノーマル(1500ぐらい)まで下げました。

ちなみにNSRの速い人達のほとんどが回転数を高くする派で、
低くするのは少数派。
私はどっちつかずで、両方練習してるです。

速い人なら回転数が予想外に高くなっても技能でカバーするのでしょうが
今の私の技能では無理ですねぇ(遠い目)

そしてプラグも新品に交換。
NSRの速い人達は大会毎にプラグを新品に交換するそうですが、
(あ)むし家は節約の為、調子悪くなるまで交換しておらず・・・

刺さってるやつを抜いてみると2本のうち1本が死んでる。。。

A級サマに見られたら怒られそうだ(汗

こんなプラグでも走っていられたのは
キャブが片肺になったからですが、
もし両肺生きていたら、回転数の上がり方は
どうなってたんだろう。。。

そんなわけで2本とも交換。

あとはウォームアップを程ほどにする。

こ、これで2ヒート目はバッチリなんだからね!!(汗

そんなジタバタともがいた2ヒート目。

出走前8の字で大きく膨らまなくなったです。(・∀・)イイ!!

コースも普通に走りきることができました。

そんな2ヒート目。


でも、アレもやってなかった、コレもやってなかった、
と後になって気づく。
今思えば空気圧も高すぎたかも。

むー。
イマイチ・・・どころかイマ2、イマ3。

2ヒート目は完走することで頭イッパイで
すべてを考える余裕もありませんでした〜。ショボーン

つくづく思うのですが、
大会では無意識にやれることしか出来ないってことですね。

あと経験も大事。
だってこの夏日でもトップはNSRなんだもんね。
A級サマのNSRだって回転数が上がってるハズなんだけどね。。。
速い人はスタート位置についた瞬間にバイクのコンディションを
ピークにもっていくことが上手な人でもあるのですね。
posted by (あ)むし at 13:01| Comment(14) | ジムカーナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

バンクの練習

気分が落ち込んでる日でもバイクのエンジン音を聞くと元気が出るです。
特にビッグバイクの音が好きですね。

やっぱバイクの音はヒーリング効果があるですよ。ウンウン


最近、パイロンのだいぶ手前からバンクさせようと躍起になっているのですが、
なかなか寝始めてくれないですね。

寝るとパイロンの手前でターンしちゃうし、
曲がらないようにハンドルを抑え込むとバイクが前に進まなくなる。
だからアクセルの力で−−−っとスロットルをぶん回すと
バイクが立っちゃう・・・ヽ(`Д´)ノ

まだライン取りの自由度が高いところであれば
アウト一杯膨らんで行けば、ぼちぼち早目に寝かせられるのですが、
道幅が狭くてほぼ直進しか出来ないところだと全然無理。

そして、速い人は助走距離が短くても
瞬間的にバイクを寝かせることも出来て凄いですね。
私がソレを出来る時と言ったら転倒する時だけですよ(汗

鬼バンクのビックバイク乗りの方にアドバイスを求めたところ
ステップに立つぐらいの気持ちで体重乗せてるとのこと。

私、スラローム中ならステップワークをしてたのですが、
普通の8の字や回転の時はやったことがなく・・・

ただでさえ低速時は失速しそうなNSRの上で
お尻半分浮かせるような乗り方は怖いのです。

やってみたものの、どこか体が逃げてる。
そして私の気持ちを代弁するかのように、
NSRも寝ない。

え〜ん (´Д`;)¬

しかしそれでも、以前よりもギリギリ速く回ってます感があるので、
しばらくこの路線で行こう。


そして家で速い人と自分の動画を見比べてみたところ
意外なことに気が付いた。

速い人ってターンが終わった後も暫くバンクしているのですね。

写真は先日のダンロップ杯の時のゴール前のストレートですが、
私はターンが終わったらすぐにバイクが起きてしまうのです。
しかし速い人は私よりもずっと先でようやくバイクが直立。
バンク.gif

写真ではわからないけれど、
速い人は狭い道幅でもギリギリ端を使ってS字を作ってる。
それに対し私は道の真ん中を走ってるだけ。

そして速い人はバイクが直立し続けることなく
すぐに反対側に寝始める。

文字であらわすとこんな感じ。
左=左バンク
直=直立
右=右バンク

<私>
左→左→直→直→直→直→直→右→右

<速い人>
左→左→左→左→→右→右→右→右

そうかー。
なるべくバンクしてる状態を長くして
反動を利用して一気に反対側に寝かせたほうが
直立から寝かせるよりもバンク量が増えるのだと気が付いた(あ)むしでした。
posted by (あ)むし at 18:51| Comment(4) | ジムカーナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。