2012年09月09日

文化祭に行ってきたですよー♪

ダンナの母校(高校)の文化祭に行ってきたです。

ダンナは毎年、多額の寄付金を納めているため、
向こうから招待状が届き。。。ウソです。

たまたま前日の晩に文化祭があることを知ったので、
久々に母校を見たいというダンナの誘いのままに行くことにしたのです。

クラスや部単位でやる模擬店やダンス、劇、演奏、展示などなど。
若い子達から一杯エネルギーをもらって帰ったですよ。

うわあ、いいじゃん!と感動してしまったのは
クラス全員のダンス・パフォーマンスだったですよ。
特に振付の難易度が高かったわけではないのですが。

踊りながら観客席に向かってお菓子を投げたり、
小道具を使って観客を飽きさせない工夫も良かったけれど、
何よりもみんなが笑顔でリズム良く踊ってて、
踊れる子も踊れない子もまとまりがあるのが良かったな。
それでいて外に向かって表現するのが好きな子が飛び出て
センターでがんがん踊り出しても、それまた微笑ましくて。
あぁ、何度も練習したんだなぁと誰が見てもわかるようで、
会場側は拍手と声援で大盛り上がりでした。

私も学生時代、ダンスの振付担当やったことあるのですが・・・
ダンスに対する温度が激しく違う人達をまとめないといけないので、
結構大変だったです。

何が大変かって、
人前で踊るという行為自体が「そんなの恥ずかしくて出来るかよっ!」と冷めてる子達から
めためた煙たがられるのが嫌だったですよ。
「ダンスなんてしない!」って子にとりあえず何でもいいから
リズム的な動きをしてもらうってことがどれだけ大変か(涙

私だって振付担当なんてやりたくねーーー!!っと何度も言いたかったですよ。
でも、こーゆー役ってダンスの心得がある人にまわってくるでしょ。
私、体操部の部長だったので逃げられなかったのです(大涙

何とか動いてくれるようになっても「振付が難しい! 覚えられない!」とブーイング。
かといってその子達らに合わせると
踊れる熱い子達から文句の嵐がくるしで
こっちは温度の上げ下げでフラフラになり、
一度は方向性を見失って路頭に迷ってしまったような気が。

自分でもどうやったのか覚えていないけれど
何とか最後のほうは、やりたくないムードだった子からも
振付の提案がきたりで
ちゃんとまとまったなぁ。。。と
感慨にふけってみたのでした。(遠い目)

きっとこの目の前で踊ってる子達も大変だったに違いない、うんうん。

その話をダンナにしたら
ダンナがまさにその「そんなの恥ずかしくて出来るかよっ!」の人だったとか。

・・・なんですって! ヽ(*`Д´)ノグォラァ
posted by (あ)むし at 10:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。