2012年01月31日

オフスラを改善できたですよー♪

今回のトコ練、
私個人の成績は前回の129.13%から142.06%へ大幅ダウンしてしまったです。

切ないぐらいタイムが出ませんでした il||li(つд-。)il||li

路面が最後までハーフウエットで
ビビリながら走ってたというのもあるのですが、
やはり一番の敗因は、私の苦手な左回転が3回転もあったこと。

って、自分でコース考えたんですけどね。

今回のコースはこんな感じ。
2012年1月22日アクセル.gif


少しでも苦手を克服しようと左回転の時は
苦手な助走距離が長いパターンにしたのです。
しかし全然進歩しなかったので、回転に関して書くネタなし。
むー。

スタート直後はパイロンの間隔がとても狭いオフセットスラロームです。

vlcsnap-2012-01-31-11h25m49s99.png

会場のアクセルは、この部分が3.5車線ぐらいあって、
ノービスの上位選手は2.5車線ぐらいの間で
今回のような厳しいオフスラを曲がり切るです。
シード選手ぐらいになると更に狭くなって、
写真の緑の間隔ぐらい。

私がジムカーナをはじめたての頃は4車線ぐらいで曲がるのが精いっぱいだったです。

え? 3.5車線しかないのに4車線ってオカシイって?

実は・・・


コースの外に突っ込んでたのです('△`;)

それなのに上級者は4車線目ぐらいの場所に立って見学してるから
あの頃は危なかったなぁ。。。
彼らの感覚では、こんな所までバイクはこないと思ってるから立ってるのですが、
そこは私の走行ラインなのです!!
危ないから立たないでくださいですっ!!!

上のコース図に「このゾーン、バイク通行禁止。」と書いてあるのは、そのため。
昔の私みたいに超初心者が参加した時のことを考えて通行禁止にしてるのですよ。

さて、それぐらい細かい切り返しが苦手だったのですが、
練習を繰り返すたびにバイクは低速でバンクさせても意外と倒れないということを学び、
慣れてきたら3.5車線以内なら楽勝で曲がれるようになったですよ。

しかしそこから縮まらない。
さて、どうしたものかと考えたです。
撮りだめした上級者のビデオを見たり、etc.

上級者と自分は明らかに走りが違うのだけど、
何をどうしたら変われるのかわからない。
そんな感じで何も思いつかず、
暫くまったく方策を練れなかったのですが・・・

去年の12月末頃。
キッカケは何だったか思い出せないのですが、
突然ひらめいたのでした。
もしかしてバイクって曲がるのと逆側にハンドルを切ってから
反動を使って曲がりたい方向にハンドルを切ると切り返しが早くなる?と。

ハンドルを逆に切るっていうと大袈裟なので、
ハンドルを一旦真っすぐにするって言うほうが適切な表現かな。
やるのはほんの一瞬。
右周りのハンドル操作をボクシングに例えるなら、
一瞬、右ジャブを出してから左フック!みたいな。

図に描くとこんな感じ。
オフスラ.gif

赤がジャブ。
青がフック。

これって赤が予備動作なんですよね。
人間が机の上のモノを叩く前に、
先に手を後ろに引いてから振り下ろすじゃないですか。
あれと同じ。

バイクも反動をつけてハンドルを切ると
私のような筋力が無い人間でも
素早く切り返せるんじゃないかと。

そんなわけで厳しいオフスラを練習するですよ!と考えた結果が1月のコース。

今日こそは絶対に3車線以内で曲がるですよー!!っと
いつもより厳しいライン取りで果敢に攻めた結果・・・

曲がり切れず、縁石激突・・・orz

vlcsnap-2012-01-31-11h36m01s102.png

しかし諦めずに何度も繰り返す!

vlcsnap-2012-01-31-11h41m04s59.png

何度も繰り返す!

vlcsnap-2012-01-31-11h40m27s161.png

その結果、
午後には何とかギリギリ3車線で曲がれるようになったですよーヽ(´ー`)ノ♪

しかしハンドルを切れるようになった反面、
今度はバンクしなくなっちゃったので効果は相殺され相変わらず大回り。
私、ハンドル切れるようになったらタイムって縮むものだと思ってたです。

バイクってハンドルを切るとバンクが起きちゃうし、
バンクするとハンドル切れない。
フルロック&フルバンクするには、どうしたらいいんでしょうね。

これならフルロックを諦めてバンクだけで走ったほうが早い気がするのですが、
私がジムカーナをはじめたキッカケが
回転の時にフルロック&フルバンクしてる選手をカッコイー♪と思ったことがキッカケなので
これは譲れないのです。

むー。
どうやって両立するか。
今後の課題なのです。

さて、成績が142.06%に落ちてしまった走りはこちら。



路面の悪さとか温度の低さとか、条件はみんな一緒。
タイヤウォーマー持ってる人でも、
走ってる最中にどんどん温度が下がるような極寒だったですから。

他のノービスの人達は転んでも攻めて転んでも攻めて、
そりゃ凄かったのですよ。
私も1回転んだけど、彼らの比じゃなかったです。

こんなコンディションなのにフリータイムもガンガン走るし、
ウィリーさせてるし。

すでに気合の時点で負けてる・・・
惨敗です (´_`。)グスン

くそー。
今度の大会は絶対に120%台出してやるですとも!

そんなわけで、とにかく回転をどうにかしなくちゃいけない(あ)むしでした。
posted by (あ)むし at 14:57| Comment(2) | バイク練習会の運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

ジムカーナ大会に出ようか迷ってる方へ

私がジムカーナをはじめて1年4カ月になるです。

私のジムカーナの歴史は以下のとおり。

2010年9月に第一回のトコ練を開催した時はDT50で。
同11月のトコ練はKSR2でした。

私は中型以上のバイクでジムカーナをやることに決め、
教習所に行って普通二輪免許を取ってNSRを購入。
納車は当時住んでいた愛知県ではなく、
引越し予定先の関東にしてもらった関係でNSRが手元になく、
引越しや結婚の準備などで多忙だった為、暫く練習するヒマなし。

始めてNSRを運転したのが2011年2月20日のダンロップ練。
一度も運転することないどころかエンジンかけたことすら無く参加するという
かなりの無謀ぶり。

そこから本格的にジムカーナの練習をはじめて
始めて大会に参加したのが5月1日の中部ダンロプ杯でした。
本格的に練習をはじめて約2か月半で大会に初参加。
大会デビューまでの期間としては短いほうだと思うです。
もちろん、それなりの悲惨な成績なのは気のせいじゃないです。

ここ最近は、女性のほうが大会デビューが早い傾向があるようですね。
一昔前のリザルトを見ると、成績が160%とか180%とかいう数字が見つからないのに、
今では別に珍しくない。

しかし男性は今も昔も最低130%台って感じで、
結構、練習を積んでから参戦する方ばかり。

女性の場合、彼やダンナがジムカーナやってるケースが多いので、
相棒に連れてこられるケースが多いのかもしれないけど。

人それぞれ考え方があるので、どちらが良いとか悪いとかっていうのは無いのだけれど、
もしも「今度の大会でデビューしようか迷ってる。」って言う人が現れたら
私は迷わず「デビューは早いほうがいい。」と答えるです。

理由は2つ。

ヘタピなうちから沢山大会に出ると皆さんに覚えてもらえますので、
年月をかけてC2に昇格した時には、
それだけ沢山の人達にオメデトウと言ってもらえるですよ。
もし仮に私が初参戦や2回目とかで昇格していたら・・・
きっと「あの人、誰?」で終わってたと思うです。

もう一つの理由は、ジムカーナに限らないことですが、
上手くなってから・・・なんて思っていたら
何らかの事情により出来なくなちゃったりするかも。

自分の人生を逆算してみてください。
ジムカーナの場合、女性は筋力の衰えの関係で50代でやれたら
かなり凄いことらしいです。
男性でも60代の人が大会で走っていないことから、
やはり競技は50代が限界なのかも。
そうすると、ジムカーナのために残された時間はあまりに短い・・・
と再確認できるはずです。

それにこの前の震災のように、突然バイクに乗れない状況に見舞われるかもしれない。
そこまでいかなくても、結婚とか子供が生まれたとか、転勤とかで出来なくなって
後になって「あの時が最後のチャンスだった。」ってことになるかも。

自分の人生を振り返ってみて、事に万全で取り組めたことなんて、
ほとんど無いでしょ。

人生は有限。
それにジムカーナの大会は年に1回しかない国家資格試験じゃないのだから
「上達してから。」とか「まだ時期早々。」とか自分に条件をつけなくて良いのです。
posted by (あ)むし at 03:54| Comment(0) | ジムカーナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

転倒大会と化したトコ練

この前の日曜日にトコ練開催したです。

週間天気予報の時点で天候が怪しく、
良い方向に変わるどころか雨マークが雪マークに変わってますわ(アワワ

前日にアクセルの管理人さんに電話して現地の様子を確認。
会場のほうは凍結の心配はなさそう。

しかし・・・
山側にお住まいの参加者が雪で遅れてくる可能性大。
そうでなくても道路が凍結するかどうかは、朝にならないとわからない。
練習会慣れしてる人達の集まりなら遅刻者続出でも全然問題ないのですが、
トコ練は初心者を積極募集してるので、
事情に詳しくない人が遅れて参加すると非常に危険なのですよ。
他にもイロイロ事情があって、どうも通常どおりの運営ができない可能性あり。
それにキャンセルしたいと思ってる人が沢山いるに違いない。

会場をキャンセルできないから練習会を中止にするつもりは無い。
でも料金に見合うだけの内容にできるのか?
参加料を減らす?
開始時間を遅らせる?

いろいろ考えてたら頭で湯が沸かせそうなほど熱が出てきたので
あー! もー!
走りたい人は自己責任で来てくださーい!!
遅刻もキャンセル連絡もナシでOKよ♪と、
無料開放デーにしたのでしたヽ(´ー`)ノイッケンラクチャク♪

そんなわけで何名来るかは当日にならないとわからなくなったので
来た人数に応じてどういう班分けをするかダンナと会議。

無料開放デーとはいえ、何かと準備に時間がかかるので朝6時半にアクセル着。
いつもは真っ暗なアクセルが、
管理人さんがナイター照明つけて待っててくれて感激(うるうる

路面状態をチェックしながらパイロンを置いて行く。
夜中に降ってた雨で水たまりがあっちこっちに出来てましたとさ(汗

しばらくするとポチポチ参加者の方が到着しはじめ、
いつものコース解説が始まる頃には18名ほど着。

トコ練のお楽しみの一つ、上級選手による初級者向けのコース解説がはじまり、
しばらくすると聴衆者の行列がどんどん長くなり・・・
初級者向けのはずが、気が付いたら参加者全員が列に並んでゾロゾロ。

いつもは主催者業務の為にテントから離れられない私ですが、
全員がコース解説に並ぶのなら私がテントにいても意味ないよね?ってことで
私もダンナも一緒並んでコース解説を聞いたのでした。

実はトコ練でコース解説を聞くのは始めての私(おい
そしたら聞くだけでタイムアップします的な内容だらけでビックリ。
今まで聞いてなくて損した気分。
ゾロゾロ歩いてる上級者も「へぇ〜。」「ほぉ〜。」と感嘆の声を上げてるので
上級者の立場でも聞いて為になる内容だったみたい。

コース解説が終わり、テントのところで上級者の方達が「ここに募金箱がどうの」と言ってて
いったい何の事を言ってるのかサッパリわからなかったのですが、
後で上級者の方達が募金を呼び掛けてくださり
無料開放デーならぬ、格安練習会となったのでした。

無料をうたっておきながら沢山のカンパを頂戴することになり大変恐縮なのです。
本当にありがとうございました。
赤字補填に使わせていただくです(ぺこぺこ

最終的に集まったのは私も入れて26名。
中には手伝いの為に来てくださった方もいて感激(うるうる

「コンディションは悪かったけど沢山走れてお得な日だった。」と思ってもらえるよう、
3班制にしたり、出走前8の字を増やしたり、フリータイムを大幅増加したりで、
マーシャルやってる時間以外は走行時間!って具合にしたです。

さて、走行開始。
1台目がゴール前のクランクに入ってくると・・・おおっと危ない。
ズリッと逝きそう。

今回はいつもより走る時間を増やしたからタイヤ温まって!!!
という願いも空しく、転倒者続出。
あっちでズザー。
こっちでズザー。←私は1回

私もプラスチックのタイヤを履いてるような気分で
スリップの恐怖に負けて全体的にギクシャク。
まったく上手く走れません・・・orz
こんなに怖いの始めてですよ。

しかし・・・
トコ練は半数が初級者で占める練習会。
特にグングン伸び盛りのヤル気満々な人が多いので、
彼らはコケても進入スピードがどんどん上がり、
またコケてもバンク角がどんどん増えていきます(汗

転んでも転んでも、まったくひるむ様子もなし。
みんな負けず嫌いですね。
それに対し私はコーナーはノロノロ、おっかなびっくり乗ってたです。
あぅあぅ。
すでに気合で負けてる・・・orz

しかしもっと負けず嫌いな上級選手達が、
更に上回る迫力で、ドーンとアクセルを開けてガッとブレーキ、
ギュルン!と回転していきました。

背中に「オレについて来い!」って書いてありました('▽`;)

昼からだんだんと路面が乾いて
ますます本来の走りをしはじめる上級者達を見て、
初級者の人達は感嘆の声をあげてたですよ。Σ(゜ロ゜)スゲー

そしてますます初級者ガンバル!
追いつかれまいと上級者逃げる!
さらに初級者ガンバル!
上級者逃げる!

そんな具合に転倒大会と化したトコ練でしたが、
怪我人は1人も出なかったのが何より。
いつか雨の大会の時に、今回の経験が役に立つことを祈ってるです。
posted by (あ)むし at 13:08| Comment(0) | バイク練習会の運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。